ローディング画像
menu

講座紹介RESEARCH

昭和大学附属8病院薬剤師による日本初の薬学臨床系講座
昭和大学薬学部病院薬剤学講座は、2010年に日本初の薬学臨床系講座として開講しました。

2015年には、教員65名、開講11年目の2021年には教員114名と、薬学部最大の講座となりました。

薬学教育6年制の開始から15年あまりが経過し、薬学教育をさらに発展させようと教員一丸となって努めています。

臨床業務と研究CLINICAL ACTIVITY & RESEARCH

当講座では、薬剤師教育のうち病院実習を関連病院8施設で受け入れ現場教育を担うほか、臨床業務と研究を行っています。

臨床ではがん化学療法、緩和、救急、NST、感染、周術期、小児等の医療チームの一員として最良の医療を提供することを目標に常に新しいものにチャレンジしています。

また、研究では薬物治療に関連した医薬品の有効性、安全性、経済性、分析などを中心に展開してきています。本学として特徴ある教育、研究を通して日本一の講座を目指して日々研鑽を重ねています。

TOPICS新着情報

受賞のお知らせ

この度、市村丈典講師(昭和大学藤が丘病院薬剤部)が第16回日本がん薬剤学会学術大会(2024年6月8日開催)において演題名「高齢者機能評価簡易ツールGriatric-8(G8)を利用した高齢がん患者の薬剤師外来後の転帰」で発表し、優秀演題賞を受賞しました。
 

学術論文掲載のお知らせ

この度、吉川雅之講師(昭和大学病院薬剤部)の学術論文が以下の雑誌に掲載されました。
THE SHOWA UNIVERSITY JOURNAL OF MEDICAL SCIENCES Vol.36-No.1
Survey on prescriptions of similar-looking formulations to patients requiring ophthalmological operations

博士(薬学)学位記授与

2024年3月25日 佐野瑞季助教(薬科)(昭和大学藤が丘病院薬剤部)に、博士(薬学)の学位が授与されました。

博士(薬学)学位記授与

2024年3月25日 藤田可南子さん(昭和大学藤が丘病院薬剤部)に、博士(薬学)の学位が授与されました。

博士(薬学)学位記授与

2024年3月25日 稲本真弓助教(薬科)(昭和大学藤が丘病院薬剤部)に、博士(薬学)の学位が授与されました。