ローディング画像
menu

講座紹介RESEARCH

昭和大学附属8病院薬剤師による日本初の薬学臨床系講座
昭和大学薬学部病院薬剤学講座は、2010年に日本初の薬学臨床系講座として開講しました。

2015年には、教員65名、開講11年目の2021年には教員114名と、薬学部最大の講座となりました。

薬学教育6年制の開始から15年あまりが経過し、薬学教育をさらに発展させようと教員一丸となって努めています。

臨床業務と研究CLINICAL ACTIVITY & RESEARCH

当講座では、薬剤師教育のうち病院実習を関連病院8施設で受け入れ現場教育を担うほか、臨床業務と研究を行っています。

臨床ではがん化学療法、緩和、救急、NST、感染、周術期、小児等の医療チームの一員として最良の医療を提供することを目標に常に新しいものにチャレンジしています。

また、研究では薬物治療に関連した医薬品の有効性、安全性、経済性、分析などを中心に展開してきています。本学として特徴ある教育、研究を通して日本一の講座を目指して日々研鑽を重ねています。

TOPICS新着情報

学術論文掲載のお知らせ

この度、玉造竜郎講師(昭和大学病院薬剤部)の学術論文が以下の雑誌に掲載されました。
日本臨床救急医学会雑誌 2023 年 26 巻 5 号 p. 655-660
持続局所抗菌薬灌流(CLAP)により治療した 耐性緑膿菌の骨・軟部組織感染症の2症例

学術論文掲載のお知らせ

この度、星茜講師(昭和大学病院薬剤部)の学術論文が以下の雑誌に掲載されました。
THE SHOWA UNIVERSITY JOURNAL OF MEDICAL SCIENCES Vol.35-No.4
Comparison of two high-performance liquid chromatography methods for measuring blood mycophenolic acid concentrations

症例報告掲載のお知らせ

この度、助教(薬科)であり江東豊洲病院勤務の薬剤師、黒川裕李のケースレポートが以下の雑誌に掲載されました。
薬剤師としの臨床経験は3年弱ではありますが、日々臨床業務に切磋琢磨し、患者さんに心から寄り添える臨床薬剤師を目指しています。


Logo of ccr
. 2024 Jan 28;12(2):e8311.  doi: 10.1002/ccr3.8311. eCollection 2024 Feb.

Identifying causative medications for agranulocytosis: A case report of an older adult with cerebral infarction

Yuuri Kurokawa 1 2Ayako Watanabe 1 2Yuka Kashiwabara 1 2Saori Fukuda 3Shohei Nomoto 3Ayako Kuriki 3Kenji Momo 2
Affiliations 


Abstract

Key clinical message: Most drugs that cause adverse events are difficult to identify in critically ill patients undergoing polypharmacy. We share our experience in identifying the causative drug among four suspect drugs administered during emergency treatment.

Abstract: We present the case of a 93-year-old man who was admitted for the treatment of cerebrovascular events. The patient was initially prescribed dual antiplatelet therapy with aspirin and clopidogrel along with lansoprazole, Hange-koboku-toh, and elobixibat. On day 36 after admission, the patient was found to have developed agranulocytosis. To improve his cerebrovascular prognosis, we first discontinued medications other than the anticoagulant medicines and initiated filgrastim. We discontinued clopidogrel 9 days after the discontinuation of the other medicines considering his low white blood cell count. One day after the discontinuation of clopidogrel, the agranulocytosis was alleviated. Considering the time course, clopidogrel, lansoprazole, Hange-koboku-toh, and elobixibat were suspected as the culprit medicines. This case highlights the considerable challenges encountered in clinical practice when attempting to identify the drugs responsible for agranulocytosis, particularly in patients on intensive medication therapy.

学術論文掲載のお知らせ

この度、磯部順哉助教(昭和大学病院薬剤部)の学術論文が以下の雑誌に掲載されました(共同第一著者)。
Butyricimonas is a key gut microbiome component for predicting
postoperative recurrence of esophageal cancer
Cancer Immunology, Immunotherapy (2024) 73:23
https://doi.org/10.1007/s00262-023-03608-y

教授着任ご挨拶

教授着任ご挨拶はこちらをご覧ください。